ほったらかしキャンプ場でクリスマスキャンプ 酒蔵櫂でヘルシーランチ

投稿日:2022年1月24日

2021年12月、2泊3日でほったらかしキャンプ場へ行ってきました。狙っていた訳ではありませんが、たまたまクリスマスキャンプとなりました。

ほったらかしキャンプ場とは

ほったらかしキャンプ場は、山梨県の標高約700mにある手作りのキャンプ場。近くのほったらかし温泉と、高台からの絶景が楽しめるということで、人気のキャンプ場です。

 

ほったらかしキャンプ場は、2020年7月に初めて訪れて以来、2回目の訪問です。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂で腹ごしらえ

ほったらかしキャンプ場のチェックインは13時。その前にキャンプ場近くの「蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂」で腹ごしらえをして行くことにしました。

酒蔵櫂は養老酒造が営むカフェ。築200年の屋根裏で養老の酒粕や日本酒を使ったお料理を頂けるということで、行く前から期待が高まります。

到着すると、まず出迎えてくれるのが、立派な店構えならぬ蔵構え。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

縁側もあっていい感じです。灰皿が置いてあって喫煙できるようになっているようでした。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

中に入ると、1階はお酒などの物販スペースになっていました。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

1階の奥を進むとトイレがあります。昔造りの酒蔵の構造はそのままに、トイレや洗面所はキレイでオシャレにリフォームされています。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

2階はカフェスペース。自然光が差し込む酒蔵の屋根裏で、とても落ち着く空間です。

座敷だけでなく、テーブル席もあり、膝に不安がある方でも安心してお食事できるように配慮されてるようでした。

私たちは座敷でランチを頂きました。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

魅力的なメニューが多くて悩みましたが、今回は、鮭の粕漬け、豚の角煮、粕汁などがセットになっている蔵元ごはんを注文。ご飯も雑穀米で、栄養満点です。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

鮭の粕漬けは粕独特のクセもなく、お箸ですっと切れる柔らかさ。角煮もとろとろ、粕汁も大根がホロホロで温まります。全体的にボリューム満点ですが、ヘルシーで罪悪感がありません。どれもとても美味しくて、ペロリでした。

蔵元ごはん&カフェ 酒蔵櫂

食後はお酒のアイスかコーヒーが選べたので、それぞれ1つずつ選択。食後のお口直しにぴったりです。

雰囲気良し、居心地良し、お料理良しの三拍子揃ったお店で、すっかりお気に入りの場所になりました。

平日限定のローストビーフごはんも気になるので、是非また訪れたいです。

お腹も満たされ、ちょうど良い時間になったので、ほったらかしキャンプ場に向かいます。

Google アドセンス用336x280px

スポンサーリンク

Google アドセンス用336x280px

スポンサーリンク

-
-,

執筆者:

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

横須賀アクアマーレ

東京湾を眺めながら「横須賀アクアマーレ」でランチ

お昼ご飯は、横須賀アクアマーレへ。 この日の晩ご飯は17時開始を予定していたので、お昼ご飯も早めの11時にとることに。

「縄文の宿まんてん」と「イルマーレ」で屋久島最終日を堪能

最終日は、宿をチェックアウトしてから午後の便の時間まで空港近くで過ごすことにしました。 縄文の宿まんてんで日帰り入浴 まずは、屋久島空港から徒歩1分の温泉宿、縄文の宿まんてんで日帰り入浴。 館内は清潔 …